web借金相談所 

自転車操業をしているあなた!借金で悩んでいる方へ送る解決方法の糸口をみつけるためのサイトです。もちろんこのサイトの閲覧は無料です。

サイトマップ

借金整理の3つの方法

借金を合法的に整理する方法として債務整理という解決策があり、債務整理には任意整理個人再生自己破産の三つの方法があります。



この解決策を知らなければ、業者の厳しい取り立てにさらされ、脅かされた生活を続けなければなりません。

三つの債務整理を比較する意味で、メリットとデメリットを簡単に説明します。

まず、任意整理のメリットは、司法書士などを選任すれば受任通知によって取り立てがすぐに止まります。

利息制限法による再計算で借金が減る、あるいは過払い金が返って来ることもありますし、未払利息、遅延損害金、将来利息を支払う必要性はありません。

ヤミ金からの借金の解決も可能です。

裁判所に申し立てる必要がないので、官報に名前が載ることもありません。

デメリットとしては、信用情報機関に登録されること、強制執行手続を中断することができないこと、和解後に自助努力で借金を支払っていかなければならないことです。



個人再生は、強制執行手続を止めることができる、職業上の欠格事由にならない、場合によっては任意整理手続による借金整理よりも低い金額の支払いで済むことがある、というメリットがあり、信用情報機関に登録される、申立権者に制限がある、裁判所に適宜必要書類の提出などを求められるので手続が煩雑であり、官報に名前が掲載されることになるというデメリットがあります。

任意整理、個人再生ともに、業者との交渉の決裂や、再生計画が履行できなければ、自己破産などの別の手続に移行しなければなりません。

自己破産のメリットは、借金を支払わなくても済むことと、強制執行手続の中断ができること。

デメリットは信用情報機関に登録されること、破産手続期間中は職業上の欠格事由とされること、一定の資産があれば手放さなければならないこと、申立人宛の郵便物は破産管財人に転送されること、官報に名前が載ることなどです。

これらの債務整理の方法は、ただ借金を減らすためだけの手段ではなく、現在の借金に返済の目途や片をつけるための手段であることを忘れてはいけません。

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!29800円
借金は必ず解決する
借金整理の3つの方法
自己破産しかないと決め付ける前に
3つの債務整理ではここが違う
解決事例1(任意整理)
本当に返すべき借金
あなたに最適の債務整理法
借金の一覧表1
借金の一覧表2
借金の一覧表3
解決事例2(任意整理)
解決事例3(任意整理)
任意整理とは
任意整理では交渉相手を選べる
司法書士に債務整理を依頼すると
受任通知で取立て・催促がストップ
引き直し計算で借金減額
借金の減額シミュレーション
返済だけの場合、1年も早く完済できる
返済・借入を繰り返しても3年で元本は半分に
任意整理では支払わなくてすむ利息などが出てくる
無理のない毎月の支払可能額
ブラックリストについて
商工ローンで困ったら銀行のリスケジュールを
任意整理の結果、お金がもどってくることも
解決事例1(過払い)
解決事例2(過払い)
解決事例3(過払い)
10年以上前の完済分でも、過払い金を取り戻せるケース
この取引なら過払い金が発生している可能性が大きい
古い取引で契約書も取引明細がない場合でも計算法はある
過払い金の回収は、裁判になることも多い
過払い金の回収は1日でも早く
解決事例1(個人再生)
個人再生とは
個人再生の申し立てから再生計画案が認められるまで
個人再生のメリット・デメリット
小規模個人再生と給与所得者等再生
小規模個人再生での返済金額はこう決まる
資産があると返済額が増えるケースも
給与所得者等再生でも、返済額は自己破産と比較される
ローン中でも、個人再生はマイホームを手放さずに利用できる
ローンに滞納があっても、この条件がOKなら特則が利用できる
途中で返せなくなっても事情によっては救済措置がある
理由なく支払いを怠ると再生計画の取り消しも
2種類の個人再生、どちらを選ぶ
解決事例1(自己破産)
自己破産とは
自己破産のデメリット
自己破産には2種類ある
自己破産の申し立てから免責が確定するまで
こんな不動産や車・現金は資産とみなされて処分される
自己破産しても免責が認められなければ意味が無い
免責が与えられても、支払わなければならない借金もある
裁判官の裁量で免責が認められる裁量免責もある
会社に借金があれば、免責のあとで面倒なケースも
借金を支払わなくてよかったという気持ちでは危険
認定司法書士とは
自転車操業でギブアップする前に
ヤミ金業者からの借金は返さなくてよい
整理屋・紹介屋などの甘い言葉には絶対のらない
おまとめローンはここに注意
保証人になってしまったときの債務整理
夫(妻)の借金を配偶者は返済しなくてもよい
親の借金を子供が、子供の借金を親が返済する義務はない
認知症になってから、親の借金がわかったら
借金があったときの相続放棄は慎重に
債務整理で専門家を選ぶポイント
裁判をこわがる必要はまったくない
貸金業者や整理屋と提携した専門家に注意
債務整理を専門家に頼むと費用はどのくらいかかるのか
必要な費用が用意できないときは、法テラスの利用も
自分でできる特定調停という制度
任意整理にするか特定調停にするか
家族はあなたの笑顔を待っています。
全国司法書士会一覧
リンク集

住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法
カードローン 金利



web借金相談所 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。