web借金相談所 

自転車操業をしているあなた!借金で悩んでいる方へ送る解決方法の糸口をみつけるためのサイトです。もちろんこのサイトの閲覧は無料です。

サイトマップ

解決事例3(任意整理)

任意整理で300万円減額、返済額も月11万円減に

サラリーマンのCさん(48歳)の事例です。



Cさんの収入は、Cさんの手取りが約30万円、妻のパート収入が約6万円ありますが、支出として、住宅ローンや保険、2人の子供の学費を含めると約31万円は必要で、毎月無理なく返済できる額というのは5万円程度にしかなりません。

それにもかかわらずCさんにはサラ金7社の借金残高が約392万円と信販会社2社の借金残高が約140万円あり、毎月の返済額はサラ金が約13万2千円、信販会社が約2万5千円となっていました。

サラ金によっては借入期間が10年にもわたっているので、引き直し計算によって減額になるとは思われますが、Cさんの借金と収入の状況を検討すると、Cさんの支払い可能額180万円(月々5万円×任意整理の原則支払い回数である36ヶ月)まで減額されないことにはCさんは任意整理で支払い可能とはいえないことになります。

住宅ローンがあるので個人再生という選択肢もあったのですが、保険と車が問題でした。

財産を持ったうえで個人再生を選択すると、毎月の返済額が高くなってしまうのですが、Cさんの保険と車の財産価値は非常に高く、その価値は400万円を超える可能性もありました。

サラ金などの各社から取引履歴の開示を受けて引き直し計算をしてみないことには、月々の返済が可能かどうか明確ではないのですが、とりあえず任意整理の手続きに入ることになりました。

ただし、引き直し計算の結果、支払い不能だとわかった時点で自己破産の手続きを検討する条件付きです(自己破産になると財産は手放さなければならないということは、理解しなければなりません)。

幸いなことに、引き直し計算の結果、2社で合計100万円の過払い金が発生し、残り7社の借金残高は約230万円にまで減額となりました。

一括返済による減額交渉(約8〜9割)が可能な会社には一括返済して、残りの会社には月々の返済を続けることで和解しました。

月々の返済は4万5千円(35ヶ月)で、Cさんが無理なく返済できる範囲におさまりました。

任意整理で借金残高が約300万円減額になったうえに、毎月の返済額が約11万円減額され、さらに、払いすぎていた100万円の過払い金が返ってきたのです。

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!29800円
借金は必ず解決する
借金整理の3つの方法
自己破産しかないと決め付ける前に
3つの債務整理ではここが違う
解決事例1(任意整理)
本当に返すべき借金
あなたに最適の債務整理法
借金の一覧表1
借金の一覧表2
借金の一覧表3
解決事例2(任意整理)
解決事例3(任意整理)
任意整理とは
任意整理では交渉相手を選べる
司法書士に債務整理を依頼すると
受任通知で取立て・催促がストップ
引き直し計算で借金減額
借金の減額シミュレーション
返済だけの場合、1年も早く完済できる
返済・借入を繰り返しても3年で元本は半分に
任意整理では支払わなくてすむ利息などが出てくる
無理のない毎月の支払可能額
ブラックリストについて
商工ローンで困ったら銀行のリスケジュールを
任意整理の結果、お金がもどってくることも
解決事例1(過払い)
解決事例2(過払い)
解決事例3(過払い)
10年以上前の完済分でも、過払い金を取り戻せるケース
この取引なら過払い金が発生している可能性が大きい
古い取引で契約書も取引明細がない場合でも計算法はある
過払い金の回収は、裁判になることも多い
過払い金の回収は1日でも早く
解決事例1(個人再生)
個人再生とは
個人再生の申し立てから再生計画案が認められるまで
個人再生のメリット・デメリット
小規模個人再生と給与所得者等再生
小規模個人再生での返済金額はこう決まる
資産があると返済額が増えるケースも
給与所得者等再生でも、返済額は自己破産と比較される
ローン中でも、個人再生はマイホームを手放さずに利用できる
ローンに滞納があっても、この条件がOKなら特則が利用できる
途中で返せなくなっても事情によっては救済措置がある
理由なく支払いを怠ると再生計画の取り消しも
2種類の個人再生、どちらを選ぶ
解決事例1(自己破産)
自己破産とは
自己破産のデメリット
自己破産には2種類ある
自己破産の申し立てから免責が確定するまで
こんな不動産や車・現金は資産とみなされて処分される
自己破産しても免責が認められなければ意味が無い
免責が与えられても、支払わなければならない借金もある
裁判官の裁量で免責が認められる裁量免責もある
会社に借金があれば、免責のあとで面倒なケースも
借金を支払わなくてよかったという気持ちでは危険
認定司法書士とは
自転車操業でギブアップする前に
ヤミ金業者からの借金は返さなくてよい
整理屋・紹介屋などの甘い言葉には絶対のらない
おまとめローンはここに注意
保証人になってしまったときの債務整理
夫(妻)の借金を配偶者は返済しなくてもよい
親の借金を子供が、子供の借金を親が返済する義務はない
認知症になってから、親の借金がわかったら
借金があったときの相続放棄は慎重に
債務整理で専門家を選ぶポイント
裁判をこわがる必要はまったくない
貸金業者や整理屋と提携した専門家に注意
債務整理を専門家に頼むと費用はどのくらいかかるのか
必要な費用が用意できないときは、法テラスの利用も
自分でできる特定調停という制度
任意整理にするか特定調停にするか
家族はあなたの笑顔を待っています。
全国司法書士会一覧
リンク集

住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法
銀行 金利 定期



web借金相談所 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。